機能性表示食品 精神的ストレスを緩和 GABAX(ギャバックス)

GABAXの働き 精神的なストレスの緩和 事務的作業に伴う一時的な精神的ストレスを緩和する

GABAXの機能性関与成分GABAは、動物や植物のなかに広く存在するアミノ酸の一種。もちろん、人間の体の中にも存在しており、興奮した神経を落ち着かせる働きがあります。代表的な効果としては「ストレス/精神疲労の緩和」や「リラックス効果」があげられます。

ストレスは興奮物質(グルタミン酸)と抑制物質(GABA)のバランスが崩れることで発生する、緊張・防衛反応。抑制物質(GABA)は本来体内で自然生成される物質ですが、精神的ストレスが多いと消費されてしまいます。抑制物質(GABA)が消費され、興奮物質(グルタミン酸)の働きが優位になりはじめると、イライラや緊張といったストレスとして、表にあらわれてくるのです。

このイライラや緊張が強いと刺激となり、脳が興奮状態になることで、なかなか眠りにつけなかったり、夜中に何度も目を覚ますといった「不眠」を誘発しはじめます。
また、この「眠れない」という状況がさらにストレスとなって悪循環に陥るケースも。食生活からの摂取が難しいGABAを外部補給することで、自律神経のバランスを整え「ストレス緩和」や「質の良い睡眠」を実感できる。それが機能性表示食品「GABAX」です。

GABAX(ギャバックス)のお求めはこちらから